協会関係者へ

 高松市陸協会員の方々へのお知らせを下記に掲載しています。ただし、一部パスワードが必要なものがありますことをご了承ください。パスワードが必要な方は、事務局までお問い合わせください。

※ 2018年 第2回理事会 総会 懇親会について
 理事会は、8名の出席者で会議が進められ、河合昭夫章と香月義則章は該当者なし。宮本信好章には、中学校の専門委員としての功績と選手育成の功績が讃えられ、牟礼中学校の藤澤寛氏が、岡﨑博行章には、U18日本選手権男子棒高跳びにおいて4m70をクリアし第7位に輝いた高松工芸高の山本理基選手がそれぞれ推薦され、承認されました。
 総会は、30名程度の出席者で会が進められ、栄章受章者の報告と次年度の日程等が審議されました。中でも、高松市陸協登録者の人数が少なくなっていることが話題となり、その方法についてHPにも掲載するよう改善することになりました。
 今回の理事会総会懇親会の案内は、HPのみで行いましたが、知らなかったという方が多く、出席者も少なかったように思います。事務局の負担や経費削減の観点から、会議の案内方法の変更は行いませんが、大会の審判委嘱については、ナイタートライアル、春季オープン等県外選手を数百人も迎えて行う大会に限り案内状を送付することになりました。ご理解とご協力をお願いいたします。
 今後できれば、HPの案内のみで会議や記録会が運営されることを願っています。
※ 香川陸上競技協会への審判登録について
❶ 高松市陸協を登録団体として香川陸協に審判登録をする場合は、登録用紙をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、登録料の4000円を添えて、事務局にお申し込みください。なお、登録2年目からは、必要データーが事務局に入力されておりますので、E-Mailもしくは電話連絡にて登録の連絡をし、登録料の4000円を納入するだけで登録終了となります。ただし、データーの変更がある場合は、その都度連絡が必要となります。E-Mailでの連絡を希望される場合は、trk@takamatsu-tf.jp までお願いします。電話での連絡を希望される場合は、090-3780₋1542(三谷)までお願いします。
❷ 登録料は、4,000円
❸ PDF形式の登録用紙   word形式の登録用紙
 ※ なお、審判未登録者は、審判に従事することができませんのでご注意ください。また、今年度の登録が
  まだの方で、丸亀ハーフマラソンの審判を行う方も早めの登録をお願いいたします。
高松市陸上競技協会がめざす指導者の基準
「玉も磨かざらばただの石」と言われるように、選手も玉と同様に、根気よく愛情を持って育てなければ輝きません。とりわけ、発育急進期にある中高生は、心と体の成長が歪なために悩み事や不安が多く、発達の個人差も大きく、壊れやすく、輝きを放つ選手として育って行く過程には、さまざまな紆余曲折があるものです。指導者は、それに寄り添い、時には優しく、時には厳しく、壊さないように丁寧に愛情と情熱を持って育てることを肝に銘じておかなければなりません。なぜなら、選手は、協会の宝なのですから。このような考え方で指導者が選手とかかわることを通して、選手は陸上競技がもつ特性に触れ、興味を持ち、自ずと陸上競技に長く携わろうとする選手が多く育ち、そのような選手たちがやがて指導者となって同じように選手を育てるサイクルこそ、協会の繁栄につながるものと確信しています。万一、指導者が、自らの研鑽を怠り、傲慢で不合理な態度で選手にかかわったとしたら… 協会の将来は火を見るより明らかです。そうならない為に、本協会では、協会訓とも言える北谷会長の「指導者の成長なくして選手の成長なし」に倣い、選手を育てる良い指導者の基準を定めました。本協会に登録されている指導者の方々におかれましては、是非、この主旨を深く受け止め今後の指導に役立てていただきたいと思います。「指導者の基準」はここに示しています。
アスリートランキングからの申込みの際の所属ごとのID&Password一覧
各所属ごとのIDやパスワードをお忘れの方は、ここをクリックしてください。